the shadow of silver
SOS日記本メルマガ掲示板プロフィール


PR

ミルキ→ウェイ☆ホイッパ→ズ
一日警察署長と木星王国の野望



読んではいけない殺人事件



KADOKAWAの
取材をを受けました



ハイエナの微睡



君が何度死んでも



ブラウニー手帳さんの
取材を受けました



へたれ探偵 観察日記
たちあがれ、大仏


archive



11月12日(火)
[今日の独言(ひとこと)]
人間の脳は主観的な恐怖体験と客観的な恐怖体験の違いを認識しており、それぞれ違った脳活動と生体反応を示すものらしい。要するに実際に自動車で事故を起こす場合と、事故の映像を見た時とでは恐怖の感じ方が違うということだ。

恐怖というのはおよそ人間が避けるべき事象であり、体験したくないと思うのは当然のことだ。一方でホラー映画やホラー小説は娯楽として楽しまれており、ジェットコースターもお化け屋敷もお金を払って体験するものだ。自ら進んで恐怖や危険を得ようとする行動は、生物にとっては有り得ない判断であり、ある意味では種の絶滅を招く嗜好とも言える。そうならないのは賢い脳がこれは客観的な恐怖体験だと認識しているから安心して怖がることができるのだろう。

名作ホラー映画に怖いモンなし、という言葉がある。嘘だ。今勝手に私が思いついただけだ。つまり名作とされるホラー映画の大半は、はっきり言ってそれほど怖くはない。どちらかというと、怖がってもらうためによく作り込まれている感があると思う。なぜなら観客の多くは真の恐怖を求めているのではなく、『これぞ真の恐怖!』と謳われている作品のほうを求めているからだ。その方が客観的な恐怖体験が得られて安心して怖がることができると知っているからだ。だから本当に見たくない作品は受けない、というかマニアックになっていくのだろう。

ということで、ホラー作品が好きな人は現実でも犯罪を起こすに違いない発想は、全く見当違いで脳違いの話ということ。お話と現実をごっちゃにしているのはどっちだという話だ。

そして、そんな客観的な恐怖体験の最たるものがホラー小説だと思う。絵も音もない文章だけの恐怖など客観的な物以外の何物でもないからだ。そこには主観的な恐怖体験とは全く異なるアプローチがあるのだろう。それを解析できれば面白い作品ができそうな気がしているが、未だ答えに至らず作品に落とし込めていない。

[一日三報]

[Internet Watch] 持ち主を追って自走、さらに自ら乗って移動できる電動スーツケースがIndiegogoで大人気

なんだか前に小説で書いたような気がしたり。
そのうち生まれそうな気はしていたけど、使っていたらスッとパクられそうな気もしたり。
ていうか、ちゃんと付いてきているか気になって仕方なさそう。

[サーチナ] 中国の苗字なのに「最も日本人っぽくて誤解されやすい」苗字とは=中国メディア

まあ源流は同じなので、そういうものかなと。
東野さんがそんなに多いとは知らなかった。
苗字もそうだが、名前も似ている場合があるよね。
日本ルーツの人は「健」が多いけど、中国ルーツの人だと「建」が多いとか。
韓国、朝鮮ルーツの人は「哲」が好きとか。
なかなか興味深いです。


11月5日(火)
[今日の独言(ひとこと)]
奈良公園の鹿を苛めてはいけないのは当たり前だが、逆に苛められたら誰か責任はとってくれるのか、ふとそんな疑問が頭をよぎった。ぶつかられたり、噛まれたりするくらいはよくあるが、それで骨折したり服や鞄が損傷したらどうしてくれるのか。動物のすることだから、神様の使いだからという意見はもっともで、私もそう思っているが、外国人観光客も多い中でそういう感情的な主張は通じないようにも思った。

より具体的な状況を仮定すれば、奈良公園内の道路を車で走っていたら、鹿をはねて車が傷付いた。これは近辺の動物を適切に管理していないのが悪いから、県に損害賠償を請求する。と訴えたとしたらどうだろう。ネットに流れたら、ふざけるなと炎上しそうな案件だが、裁判となると筋の通った訴状と認められる可能性もあるだろう。

結論から言うと、原告の訴えは認められる可能性もあるようだ。そのため県では賠償保険にも加入している。ただ調べた限りでは今まで一度も訴えられたり支払われたりした記録はなかった。過去には近隣住民から農作物への食害被害を訴えられたことがあるらしい。こちらは和解に至り、今は定期的に駆除するなどの対応がとられているようだ

イタリアのサルデーニャ島では先日、運転する車が猪に追突されたとして、地元の自治体が損害賠償を請求されるという事件があったらしい。ところが警察が捜査したところ、衝突により死亡したとされる猪は喉を切られて冷凍されていた痕跡を見つけて、車の運転手らが賠償金を得るために事故を偽装したこたが発覚したそうだ。

お粗末な展開というか、本当にそのトリックで上手くいくと思っていたのか。恐らくこの犯人はミステリ小説を読む趣味はないのだろう。それはともかく、動物のすることと言えども放っておけるご時世ではないようだ。そのうちクラゲに刺されたのは浜辺を管理する県が悪いと言い出す人が出てくるかも。

[一日三報]
[GIGAZINE] 花粉症のピーク期には暴力犯罪が減少する

人間、ある程度は不調なほうが余計なことを考えなくていいのかもしれない。
でもその代わり、きっと善人たちの生産性なども落ちているんだろうね。

[iPhone Mania] どっちが一眼レフで撮った写真?iPhone11 Proとキヤノンカメラを見分けられるか

これを見て、こんなの一目瞭然、違いが分からない奴は目が腐っているのか? とか言う人は、たぶん周りから面倒臭い奴と思われてそう。
ただスマホカメラはポートレート需要が高いだろうから、その点を特に強化しているわけで。
これも誘導的な比較のような気もしたり。
一方で、大半のユーザーはこれで充分と思っているからカメラが売れないわけで。

[ロイター] 米研究者、ネズミに小さな車の運転教えるのに成功

こういう話を目にすると、やっぱり人間も大半の動物も変わりがないんじゃないかと思ったり。
人間はその中で偶然に何かを見つけただけではないかと。
知能を劇的に発達させた『神さまの一撃』があったんじゃないかと思ったりするわけで。